メニュー

組合員の生活を豊かに

主婦

仕組みと利用のコツ

生協は全国にあり、大阪でももちろんあります。生協と名が付く店舗や宅配があるのは知っていても、その仕組みについてはいまいち知らないという人が実は多いのです。生協は、加入者が少しずつお金を出し合って、組合員の生活を豊かにすることを目的として活動する団体のことです。よく知られているのは宅配や共同購入ですが、店舗型の生協もあり、大阪にも複数店舗があります。店舗は非組合員でも利用できますが、ポイントカードの利用や特定の割引サービスを利用する場合などは組合員になる必要があります。宅配や共同購入についても使える場合もあるのですが、割高だったり商品が限られていたりします。組合員になるには、規定の出資金を出さねばなりません。出資金の額はそれぞれの団体ごとに決められており、大阪でも一律ではありません。大阪の中でも、自分の所属する地域にある生協の規定に従うことになります。また最低出資金は決められていますが、増額するのは自由です。ただ上限もあります。多いのは一口500円からというものですが団体ごとに差が大きいので確認しておきましょう。出資金は脱退時に全額返金されるので、多額の出資金を払っても損することはまずありません。むしろ運営の結果利息がつくことがあるので、出資金が大きいと返還時にそれなりの利息がつくことになり、お得感が強いといえます。宅配や共同購入以外にも、コープ共済といった保険や、福祉介護事業なども展開されています。